長い歴史を持つ車種 ハイエースバン

今まで運転した事のない車種であった公用車のハイエースバン

前の勤め先には、公用車が何台かありました。
車種も用途によって使えるよう、軽自動車から普通車などさまざまありました。
その中の1つにハイエースバンがありました。
私は就職するまで車を運転する機会があまりなかったので、就職して間もない時は軽自動車の運転だけでも精一杯だったのが現実です。

しかし、仕事を頂いてお給料を頂いている以上は、今までやってこなかったので大きな車の運転はできませんというのは通用しないと思いました。
そこからは、先輩職員に乗車練習を付き合ってもらいながらの練習の毎日でした。

最初は、職場の敷地内の駐車場を一周するクライから始めました。
実際にハイエースバンに乗って見ると普段私が乗っている軽自動車とは、視界が全然違うなと思いました。
ハイエースバンは、視界が思っていたよりも高くなり前は見やすいですが駐車する際などに後ろが見にくくて慣れるまでに時間がかかってしまいました。
少し慣れてきたら敷地内であれば、先輩職員がいなくても1人で運転するようになりました。
運転するだけではなくて、普段使用している公用車を洗車するのも職員の仕事の一貫でした。
大きな車種は運転だけではなく、洗車をするのも大変なのだなと思いました。

私にとってはハイエースバンという大きな車種を運転、洗車するだけでも一苦労してしまいましたが当時の職場の方々の協力もありできるようになった時には、とても嬉しかったです。

自分でできるできないと判断してしまう前に、車種にとらわれずいろいろな車の運転に安全運転でこれからも挑戦していけたら良いなと思っています。

Copyright (C)2018長い歴史を持つ車種 ハイエースバン.All rights reserved.